Blog&column
ブログ・コラム

発送にあたって密封処理が必要な品とは?

query_builder 2022/09/05
コラム
47

発送するには、事前の密封処理が必要とされる品があります。
今回は、密封処理が必要な場合の発送について見ていきましょう。

▼密封処理が必要な品の発送方法
密封処理が必要な品を発送する際は、正しい方法で行うことが大事です。

発送の際に密封処理しないといけないもの
発送するにあたって密封処理をしないといけないものと言えば、何といっても液体です。
こぼれてしまうと梱包していた段ボール箱が濡れてしまいますので、そのせいで段ボール箱がふやけ、運んだ時に中身が全部出てしまう恐れがあります。
そのため、液体は瓶をはじめとする容器に入れて密封処理を施してからでないと、配送を受け付けない業者も少なくありません。

■梱包の仕方
液体を発送するために密封処理を行う際は、梱包時にも配慮が必要です。
万が一液漏れしてしまった場合に備え、漏れ出た液体を吸収する梱包材を使います。
どのくらい漏れ出るか分からないことから、内容物の全てを十分吸収するだけの梱包材で包んでおくと安心です。
さらに、液体を吸収した梱包材が他の品に触れないよう、液漏れを防ぐ梱包材で二重、三重に包んでおくといいですね。

■瓶は上を向くように箱に入れる
密封処理を施した液体入りの瓶は、口が上を向くようにして箱の中に納めます。
というのも液体は横にするとこぼれますので、どれだけ密封処理を施したとしても、じわじわと漏れ出てくる可能性があるからです。
そのため、密封処理が必要な品は、どんな容器でも上を向くように梱包して発送することも大事なポイントとなります。

▼まとめ
発送時に密封処理が必要な物として、代表的なのが液体です。
横にすると漏れ出てきますので、密封処理を施した後も二重三重に梱包しておく必要がありますね。
弊社はさまざまな品を梱包し、配送いたします。
密封処理が必要な液体の梱包及び発送も承りますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 川崎のウチダ工業では、本日クリップマグネット梱包作業をしております。

    query_builder 2021/07/13
  • 発送にあたって密封処理が必要な品とは?

    query_builder 2022/09/05
  • 梱包に必要な気密性とは?

    query_builder 2022/08/03
  • 配送途中で液体が漏れるのを防ぐには?

    query_builder 2022/07/01
  • 液体充填技術とは?

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE